出会い厨だって良いじゃない。ボルダリングの目的は人それぞれ

2019年5月1日

スポンサーリンク

出会い厨。

それは時と場所を考えずに出会いを求める人々のこと。

真剣な人が多いボルダリングジムではとくに嫌われる傾向にある。

でも出会い厨だって別に良いんじゃない??

今日はそんな出会い厨について擁護します。

 

それでは、ご覧ください。

 

ボルダリングジムに出会い厨なんている??

ネットでよく出会い厨について話題になってるけど、私のジムでは見たことがありません。

うん?

お前の顔面偏差値が低いから気づかないだけで実はいるんじゃないかだって!?

黙らっしゃい!!

 

ゴホンゴホン。

少し取り乱しました。

とにかく、私のジムでは出会い厨なんて見たことがありません。

もしいるなら見てみたいものです。

そして私の前に現れてほしい。

 

出会い厨はいないけど

ボルダリングジムで出会い厨は見ませんが、変わりにインスタ映えを狙ったお客さんはたくさん来る気がする。

ちょっと遊んで、

うぇ~い♪

とか言いながら写真を撮って帰る人たち。

全然疲れてるようにも見えない。

たぶん手を抜いて登ってる。

そんな人たちが出会い厨と間違われたり、偶然お気に入りの異性が見つかって出会い厨へと進化していくのかな?

その可能性もあるのかも。

 

そもそも。

出会いを求めてボルダリングジムに来る?

もっと他にあるんじゃない?

と私的には思います。

だってボルダリングジムってむさ苦しいし、

うわぁー!とか誰かしら叫びながら登ってるし。

それに筋肉の話しかしない ←これは偏見。

つまり、出会いを求めてくるメリットがないのです。

なのでオススメはしません。

だが止めはしない!

 

ボルダリングジムには若者が少ない

この記事を読んでいる人は、「出会いを求めている人」「出会い厨が嫌い」のどちらかだと思います。

そして「出会いを求めている人」へひとこと言いたい。

ボルダリングジムには若い人はほとんどいません。

若い人は大体すぐに辞めていく傾向にあるのです。

多分ですが、娯楽の多いこのご時世で、わざわざ辛い思いをするボルダリングを選ぶ理由が少ないから。

楽で楽しいことは他にもいっぱいある。

だから辞めていく。

ちなみに一回り以上年上の人に話を聞いてみると、

「年をとってくるとボルダリング以外にやることがない。
 だから続ける。」

らしい。

これには、なるほど!

と思いました。

※こんなこと言ってますが、私はボルダリングが心底好きな若者です。

 

それと既婚者かどうか分かりにくい。

ボルダリング中は結婚指輪を外す人も多いし、ぱっと見で判断がつきません。

でもうちのジムには既婚者が多い気がする。

というか子供を遊びに連れてきて、親だけハマるパターンが多いです。

 

 

スポンサーリンク



 

悪いことばっかり書いたけども

ここまで悪いことばっかり書きましたが、私は出会い厨が悪いとは思ってません。

むしろジムが潤ってくれるならそれで良い。

そしてその浮いたお金で、高いストーブと高いエアコンを買ってくださいお願いします。

ということで、誰であろうとお客さんは大歓迎。

どしどし来てください。

 

ただ今日書いたとおり、ボルダリングに出会いを求めて来ても年上だったり既婚者の可能性が大!

それに激強クライマーはそんなもの求めてない人も多いので、確率は低いかも。

出会いだけを求めるなら他に行った方が良いと思います。

 

新規のお客を狙うには??

さっきまで書いたのはボルダリングジムにいる「常連」のお話。

そして次は新規で来るお客さんを狙う場合です。

ちょっと考えてみます。

・・・

・・・・・。

うーん。

やっぱり厳しい。

というのも、新規で格好いい or 可愛いお客さんはたまに見かけます。

なので通いつめれば見つけることは可能。

ただ、ボルダリングジムって2回目以降も遊びに来るお客さんは激レアです。

はぐれメタルくらいの出現率。

なのでもし気に入った異性を見つけたとしたら、その日のうちに連絡先を交換するくらいの気持ちが必要かも。

じゃないとチャンスを逃してしまいます。

 

まとめ

今日もくだらない記事を書いてしまいましたが、そろそろ終わりにします。

出会い厨でも私は大歓迎。

ジムやボルダリング界隈が盛り上がってくれればそれでオーケーです!

でも最低限マナーだけは守ってほしい。

これは切実なお願い。

 

以上!

スポンサーリンク