ボルダリングは初心者ぼっちでも筋肉の話をすれば仲間が増える(確信)

2019年5月1日

スポンサーリンク

今日はボルダリングでの仲間の増やし方について。

以前の記事で、

常連さんがうざい!

怖い!

というようなお話もしましたが、だったら仲良くなってしまえばいいじゃない。

という安易な考えで書いていきます。

 前回記事:ボルダリングジムの常連さんは悪くない!だからうざいとか言わないで…

 

それでは、ご覧ください。

 

弱き頃の私

私がまだ弱かりし頃、たしか5級に手を付けたくらいだったっけな?

ちょうど一人でジムに行くようになりました。

(10人以上誘って連れていきましたが、みんな早々と挫折して一緒に行く人がいなくなった。)

初めて行くようなジムだと心細いし、なんか自分以外みんな仲が良さそうにも見える。

あ゛~!!

とか叫んでるし、なんか怖いな。

寂しいし友達できないかな?

そう思っていました。

 

そして私が何をしたのかと言うと、無謀にも強そうな人にこう話しかけるのです。

しかも突拍子もなく突然に。

先輩、その腕の筋肉、っぱねースね!

 

ボルダリングジムの常連はみんな筋肉の話題が好きである

ボルダリングジムに通っている常連は、大抵運動が大好き。

それに自衛隊や消防、検察官などに勤めていることも多いし、普段から体を鍛えている人が多いのです。

つまり、筋肉の話は大好物。

かなり盛り上がります。

とりあえず筋肉褒めておけば喜びます。

話がはずみます。

そして仲良くなれる。

間違いありません。 ←確信。

 

え、でも話しかけるのに勇気がいるだって?

大丈夫、大丈夫。

大胸筋発達してますねーとか、

その盛り上がった上腕二頭筋凄いですねっ!

とか、適当におだてておけば良いのです。

※クライミングに大胸筋や上腕二頭筋はほとんど関係ありません。
 それでもクライマーは私を含めて皆バカなので確実に喜びます。

 

半分ネタだけど本当だよ?

今日の記事は半分ネタですが、実際筋肉系の話題は盛り上がるし仲良くなれるのは本当です。

経験者はここにいます。 ←しかも何度も。

 

ついでにも1つ理由。

例えばボルダリング上級者の人が、仮に初心者の人と仲良く話したかったとします。

でもそんなとき、

あれ?

ボルダリングの話をしてもどうせ通じないよな。

じゃあ何を話そう?

話すネタがないっ!

となるのです。

逆に言うと、話すネタさえあれば仲良くなれるし、共通の話題になりやすいのが筋肉。

つまり筋肉は優秀。 ←意味不明

 

 

スポンサーリンク



 

女性の仲間を増やすには?

今回の方法はほぼ100%成功しますが、それでも効果があるのは男性だけ。

女性に対して、その逆三の背中が格好いいッス!

なーんて言った日には、きっとビンタが飛んでくることでしょう。

しかもクライマーなので、そんじょそこらのビンタよりも痛いです。

間違っても言ってはいけません。

絶対ですよ??

 

じゃあどうするの?

そんなときの話題。

最近、ボルダリングのせいで腕が太くなって。

洋服の肩周りがぱつぱつな気がするんだよねー。

こんな感じ。

私のジムの女性はこれ系の話題が多い気がします。

そして盛り上がってます。

 

ちなみにですが。

男性視点からすると、なにが太くなったのかサッパり。

全然違いが分かりません。

けどこれも喋ると怒られるので、

うんうん、分かる分かるー!

とか合わせておくと大丈夫。

 

注意点

たぶんそんなにいないと思いますが、

筋肉の話題を出すと、

クライミングは筋肉じゃねぇ!

とか熱く語ってくる常連さんもいるかもしれません。

ガチなクライマーにありがち。

なので気をつけて下さい。

※気をつけようがありません。

 

まとめ

あまりふざけたこと書いてるとクライマーに怒られるので、そろそろ終わります。

最後なので真面目に書いてきます。

 

結論。

男性クライマーには筋肉の話題を出すと仲良くなれるかも。

ボルダリングに必要な筋肉は背中とか前腕なので、その辺の筋肉を褒めて上げたり、もしくはお勧めの筋トレないですか?

なんて聞くと◎

きっと上機嫌で教えてくれます。

 

次に女性。

筋肉付くのも辛いよね。

とか、あとは(今日の記事で触れなかったけど)ダイエット系の話題も鉄板。

体重とか体型とかそんな感じの話題で。

 

以上。

それでは皆さん、明日ジムに行ってさっそく仲間を増やしましょう。

それでは!

スポンサーリンク