Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yakiudon/xn--p8jn9fve8c.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
私がボルダリングで目指すのは上手い人ではなく上手そうな人である | 疑問解決隊【やきうどんの徒然なるままに】

私がボルダリングで目指すのは上手い人ではなく上手そうな人である

2019年12月4日

今日もボルダリングについて。

みんなも一度は、顔を見ただけなのに

あ、こいつやべーな。
絶対上手いだろ?

って人を見たことがありませんか?

今日はそんな人達について考えていきます。

それでは、ご覧ください。

 

はじめに

私がボルダリングを始めてから4年?いや5年だったっけな?

忘れてしまいましたが、かなりの月日が経ってしまいました。

なので自分で言うのもなんですが、あえて言わせてもらいます。

私はそこそこ上手いです。

いや、言うんかい!!

ゴホン・・・。

ただ、今はそんなことはどうでも良くて、今日のお題は上手そうな人「に見える方法」を知りたいのです。

だって私、全然強そうに見えないんだもの・・・。

それじゃあ悲しいじゃない。

 

ちなみに。

私はいつもジムでゴロゴロしているせいか、まったく上手い人に思われません。

初心者の人にも同じ初心者だと思われていた始末、、

これを聞いたときはショックで寝込むほどでした。

まあ、一切登らずジムに居座る私も悪いんですけどね。

 

強い人は見た目から

ここから本題。

強そうな人って、ぱっと見で分かる気がします。

例えばそうだな。

長身痩せ型のパーマで、ズボンが七分丈のダボッとした人。

こんな人は強い人認定です。

まず間違いありません。

 

え、お前はどうなのかだって?

チビで見た目から弱そう!

よくそう言われます。

いちいち言わせないでよ!

 

でもパワーは負けませんから。

実は脱いだら凄いんです。 ←精一杯の強がり

 

服装は大事

ボルダリングをやっていると、様々な服装の人を見かけます。

夏場は上はTシャツかタンクトップが多いのですが、下は、

ジャージ
ジーパン、チノとかカジュアルな服装に見えるクライミングパンツ
GUなどのストレッチパンツ
明らかにクライマーっぽいパンツ
ショートパンツとかにレギンス

だいたいこの5つ。

中にはスカートで登る強者もいるようです。

※その人にはジムの女性店員が見かねてズボンを貸したそうな。

 

そして明らかに強そうに見えるのが、やっぱりクライミングパンツ。

普段着ないような色のパンツだったり、七分でタボッとしてるとなお良し。

なお異論は認めます。

 

 

それから、ジムに来たときにアウトドア系で全身コーデしてたり、バッグまでそれ系で固めていると、どうしても強そうに見えてしまいます。

ただ、それでも初めて登ります!

なんて人もたまにはいて、ちょっとガッカリすることがあるのは秘密。

 

ストレッチも見られている?

ジムに入って最初にすることはストレッチ。

ここでも新顔の人は観察されてしまいます。

上手い人は体が柔らかい人が多くて、ストレッチがサマになる。

あと念入りにやってる人は強い人な気がします。

 

それとストレッチのバリエーションが多い人も強い人な気がする。

あちこち細かく体を伸ばしてると、

こいつできる!

みたいに感じます。

 

アイテムも大事?

とりあえず最後。

あとはやっぱり道具も大事。

シューズをたくさん持ってるとか、プロテイン・カラビナなどなど。

強い人はみんな同じようなの持ってる気がする。

あとカバンがデカい。

一体なにが入ってるんだろう?

不思議で仕方ありません。

たぶんそのまま登山行けるくらいはカバンがデカいです。

 

最後に

いろいろと書いてきましたが、これだけじゃない気がします。

なんというか、強い人・上手い人にはもっと何か特別な雰囲気というかオーラというか。

言葉では表せない凄いものがあるのです。

いつか私もそれを手に入れたい。

 

うん?

そんなことはどうでもいいからサッサと練習して上手くなれだって??

正論は言わないでくださいお願いします。

 

今日はここまで。

みんなのジムには、どんな上手そうなひとがいますか?

それでは!