ボルダリングが女性のダイエットに効果的な理由は?楽しく痩せる!

2018年6月27日

スポンサーリンク

9a090b17c6df369624457b0a13970221

ボルダリングはダイエットに効果的だと知っていますか?
女性必見!ボルダリングがダイエット向きな理由をお教えしちゃいます!
これで楽しく、無理なく、食事制限なしで痩せれちゃいますよ!

それでは、ご覧下さい(・∀・)

 

ボルダリングの消費カロリーは?

ボルダリングの消費カロリーは、1時間でカツ丼一杯分だと言われています。
と言っても、運動量や体重等で個人差があるので、だいたい以下を目安にすれば良いみたいです。

(体重:1時間あたりの消費量)
50kg:525.0 kcal
60kg:630.0 kcal
70kg:735.0 kcal
80kg:840.0 kcal
90kg:945.0 kcal

ちなみに、ボルダリングの消費カロリーはジョギングの約1.4倍となっていて、効率の良さが分かるかと思います。
これを1日2~3時間続けることが出来れば、どんなに食べても太らなそうですね(*´ω`*)

 

なぜボルダリングの消費カロリーが高いのか?

では、続いてなぜボルダリングの消費カロリーが高いのかについて紹介します。
答えを担当直入に言うと、ボルダリングは背中と足の筋肉をよく使うからです。

背中と足の筋肉は、人間の筋肉の中で比較的大きい部類となります。
そして、小さい筋肉よりも大きな筋肉を使うことがカロリーをより多く消費する(痩せる)ための秘訣となるのです!

【参考】
ネットでちょっと検索すると、スクワット15回=腹筋500回という数式が出てきます。
この数式を見ただけでも足の筋肉の消費カロリーの高さが分かって貰えるかと思います^^

 

インナーマッスルを効率良く鍛えることが出来る!

ボルダリングでは、インナーマッスルを効率良く鍛えることが出来ます!
そしてインナーマッスルを鍛えることで得られる効果は以下のとおり!

・スタイルアップ
お腹が引っ込みます。
体脂肪率が低くてもお腹が出でいる人は、インナーマッスルの筋肉が足りないことが原因みたいです。
ボルダリングでインナーマッスルを鍛えることで、内蔵が下がってくるのを元に戻し、お腹周りがすっきりします。

・姿勢改善
骨盤を正常に戻すことにより、プロポーションや姿勢をよくする効果もあります^^
姿勢が良くなることで、腰痛対策にもなります!

 
インナーマッスルとは??
体の中心に近い部分の筋肉で、関節等に付いている小さい筋肉。
普通の筋トレでは中々付けることが出来ない。
ちなみに、普通の筋肉はアウターマッスルと呼び、体の外側に付いている筋肉。

 

基礎代謝がよくなる!

筋肉量(アウターマッスル)とインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝がよくなります!
つまり、何もしていなくてもカロリー消費してくれる体(太りにくい体)になる訳です!

 

バストアップ&ヒップアップ!

まず、バストアップについて。
ボルダリングでは胸筋を鍛えることも出来るので、それがバストアップに繋がります。
腕立てがバストアップに効果的だと言うのを聞いた事がありませんか??
それと同じ原理です♪

そして、ヒップアップ。
これはお尻の脂肪を落とす&インナーマッスル強化により骨盤を正常に戻すことで、ヒップアップに繋がります!

 

意識(マインド)が変わる!

ボルダリングに嵌ると、
あ~もう少し体重が軽ければクリア出来るのにな~
もう少し筋肉があれば・・・
と考えるようになってきます。

つまり、必然的に体重を減らす&筋肉を付けたいと考えて、
日頃から筋トレしたり食事制限するクセが付いてきます。

ただ目的もなく痩せたいと思っていても中々出来ないものですが、大好きなボルダリングのためなら!
と決意を固める人も少なからずいます。

なので、ボルダリング好きは、
「ボルダリングすることによって痩せる」 → 「ボルダリングするために痩せる」
にだんだんと変わっていきます(笑)

 

何より楽しい&長続き

ダイエットには、楽しくて長続きすることが必要不可欠です。
辛いことでも鉄の意志で続けられる人はほとんどいないですよね?

でもその点、ボルダリングはとても楽しいので、一度嵌れば誰でも楽しく無理なく痩せることが出来ます(^O^)
食事制限もいらないですし、難しいことを考えなくてもただ壁を登って遊んでいるだけで良いのです♪

楽しめば楽しむだけ痩せていきますよ

 

筋肉が付くと太るは迷信?

よく、筋肉が増えると体重が増える・太る・足や腕が太くなると言う人がいます。
これは間違いではないですが、正解でもないです。

なぜかと言うと、筋肉で体重が増えたり腕や足が太くなるためにはそれ相応の筋トレが必要になるからです。
とくに女性の場合は、意識して筋トレしてもそのような筋肉は付きづらく、細くスラッとした筋肉が付きやすいです。

このような細くてスラッとした筋肉を遅筋と言って、こちらの記事で簡単に紹介しています

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
ボルダリングをやっている人も未経験の方も、是非ボルダリングで理想の体型に近づけましょう!

それでは、またヽ(・∀・)ノ

 

 

スポンサーリンク