キャッシング履歴はどのくらい残るの? それと信用情報に傷付くの?

2019年3月30日

スポンサーリンク

89e23192

キャッシングって、なんかこわーいイメージがありますよね。
返済が遅れると○クザさんが取立てに来たり、気づいたら利息が膨れ上がって、取り返しのつかない位の金額になっていたり・・・

でも、今は昔と違って、ぼったくりのキャッシング会社も減ってきていますし、計画的なキャッシングは、安心してすることができるようになりました^^

じゃあ、もしキャッシングした場合は履歴が残るの?信用情報に傷がつくの?
あとあと住宅ローンとか考えているんだけど、大丈夫なの?

こんな不安がある方も多いと思いますので、まとめてみました!
それでは、ご覧下さい(・∀・)

 

キャッシングの履歴はどれくらい残るの?

キャッシングの履歴は、返済完了してから5年間残るといわれています。
なので、例えばですが、

2009年:お金借りる
2010年:返済完了
2014年:再度お金借りる
2015年:返済完了
2020年;履歴消去\(^^)/

となるわけです。

順調に返せれば5年で履歴は消えますが、途中で再度キャッシングしてしまった場合は、履歴がかなり長い期間残ることが分かると思います。

 

信用情報センターってなに?

まずは信用情報センターについて。
キャッシング会社やクレジット会社は、カード発行の際にお客さんの情報を調べます。
そのときに利用するのが、信用情報センターという機関です。
ちなみに信用情報センターは3つあるみたいです。

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
→おもに銀行会社系

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
→おもにクレジット会社系

・日本信用情報機構(JICC)
→おもにキャッシング会社系

 

調べる情報としては、
・そのお客さんに返済能力があるのか
・他に借り入れはあるのか
・無理なく返済できそうか 等々。

細かく上げればもっとあると思いますが、要は「お客さんがしっかりとお金を返してくれそうか」ということを調べるわけです^^

 

キャッシングすると信用情報に傷は付くの?

キャッシングをして計画通り返済した場合は、信用情報には傷は付きません。
むしろ、滞りなく返済できたということで、評価が上がる場合もあります。

でも、もし返済が遅れてしまったり、返済しなかったら?
これは当たり前ですが、信用情報に傷が付きます。
そして、上記に書いた信用情報センターに登録されてしまいます・・・。

さらに、酷いようだとブラックリストとなってしまうみたいですね(゜´Д`゜)
あと、種類にもよりますが、ブラックリストになっても5年~10年で解消されるらしいので、今後一生借り入れができなくなることはないみたいです。

 

まとめ

ということで、キャッシングしただけでは信用情報に傷付きません!!
なぜなら、信用情報はその人の返済能力を見るためのものだから!!
返済能力があれば問題なし!!

それでは、またヽ(・∀・)ノ

スポンサーリンク